北海道大会
第12回

独創性が北海道を活性化する。

これから社会に出ようとする学生の方々が、北海道、あるいは、我が国に共通する課題に着目し、それを解決する手法をビジネスとすることを真摯に考えることは、今後、実社会に出てからも大変重要なプロセスです。このようなビジネス提案をする機会が、cvgであり、今年度で12回目を迎えます。農林水産業といった1次産業が優位な北海道においても、高齢化や人手不足の問題が顕在化しつつあります。情報・通信技術を活かしたイノベーションが解決の一つの方向性として期待されています。一方で、観光産業は好調で、特に海外からの観光客が増えています。外国語による対応を含めた質の高いサービス提供がますます求められています。ここにも独創的なビジネスモデルの可能性が多くあると思っています。皆様なりの現状認識、熱意と行動力で、今後の日本を支える活力になると信じており、若い感性に裏付けされた独創性に富んだプランが数多く寄せられることを期待いたします。

今大会審査委員長
八木 康之
Yasuyuki Yagi

北海道大会 最終審査会結果発表

第12回cvg北海道の入賞者は次の通りです。

北海道ブロック グランプリ

第12回大会受賞者のみなさん 札幌ガーデンパレス


最優秀賞 永井 智大
公立はこだて未来大学
新人看護師の看護記録記述を
支援するシステム-NIAS(ニアス)
柳田 拓郎
公立はこだて未来大学
倉岡 あかり
公立はこだて未来大学
優秀賞 原口 智江
東京農業大学
誰でもアクティビティーが売れるサービス
「コトシェアリング」
奨励賞 木村 誠
北海道大学大学院
AIと人の協働によるWeb広告クリエイティブ
半自動作成システム「Project 牡丹燈籠」
努力賞 宮本 万里子
天使大学
北海道鮭節食品開発プロジェクト
大竹 春香
天使大学
坂本 星美
天使大学
佐々木 くるみ
天使大学
努力賞 渡部 真大
小樽商科大学
繋交協助(けいこうきょうじょ)

大会スケジュール

書類審査に合格した方には、電話またはメールにて通過のご連絡を差し上げます。
表彰式当日は表彰式・優秀作品受賞者によるプレゼンテーション・パーティー の流れになります。
パーティーは受賞者・関係者のみのご参加とさせて頂きます。

応募開始

9/1〜10/31
応募用紙をダウンロードして、マイページより応募してください。
本年度の応募は終了しています。

書類審査

11~12月上旬
書類審査に合格した方には、電話またはメールにて通過のご連絡を差し上げますので必ず連絡の取れる情報を会員登録時に登録してください。

最終審査会・表彰式

2/13(月)
最終審査会当日はプレゼンテーション・ 審査・表彰式・パーティー の流れになります。最優秀賞を獲得したグループは2017年3月に行われる全国大会に進出することができます。

表彰

最も優秀なビジネスプランには賞を贈呈いたします。

1件
最優秀賞
(賞状と賞金 20万円)
1件
優秀賞
(賞状と賞金)
数件
奨励賞
(賞状と賞金)

北海道大会の協賛

北海道大会の後援

実行委員会・審査体制

高橋賢友 北海道経済連合会会長

実行委員長

高橋 賢友
北海道経済連合会会長
八木康之 産業総合研究所北海道センター所長

審査委員長

八木 康之
産業総合研究所北海道センター所長
実行委員
児嶋 秀平

北海道経済産業局長

実行委員
高橋 はるみ

北海道知事

実行委員
岩田 圭剛

北海道商工会議所連合会会頭

実行委員
荒尾 孝司

北海道商工会連合会会長

実行委員
西岡 純二

北海道科学技術総合振興センタ-専務理事

実行委員
井水 治博

日刊工業新聞社社長

審査委員
赤坂 修司

北海道経済産業局産業部中小企業課参事官

審査委員
竹縄 維章

北海道経済部地域経済局中小企業課長

審査委員
片山 直樹

北海道立総合研究機構工業試験場長

審査委員
高橋 昭彦

北海道中小企業総合支援センター経営支援部長

審査委員
東川 敏文

北海道科学技術総合振興センタ-常務理事

審査委員
堀川 昌章

北海道エア・ウォ-タ-経営企画室長

審査委員
新谷 光人

北洋銀行地域産業支援部特任審議役

審査委員
堀川 代志郎

北海道発明協会専務理事

審査委員
杉山 央

株式会社ACT NOW 代表取締役

北海道大会に応募する

応募を締めきりました。
たくさんのご応募ありがとうございました。




PAGE TOP